本当の日本を取り戻すために何をすべきか?インターネット上でさえ報道できない真実を語り、皆さんと何を為すべきか考えていきましょう。

【緊急授業参観】入管法の改正についての裏と○と✕

【緊急授業参観】入管法の改正についての裏と○と✕

会員学生の皆さん、こんにちは。

今回保守派が大騒ぎとなっている入管法改正ですが、移民反対の部分だけが先走りして、ややこしくなっています。

そんなわけで、本来なら坂東学校のみでお伝えすべき内容であるところ、久しぶりの授業参観と致しました(^o^)
みなさんいらっしゃいませ!

今回の法改正、何が改正されようとしているか、皆さんはご存知ですか?



大きな項目としては

第一 出入国管理及び難民認定法の一部改正
第二 法務省設置法の一部改正
第三 附則

の3つが上げられていて、問題となる特定技能1号2号の資格新設は「第一」に入っています。

でも「第二」には美味しいところもあって、現在の入国管理局が「入国在留管理になる上で必要となる関連条項の改正が盛り込まれています。

【出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案要綱】
http://www.moj.go.jp/content/001273525.pdf

多くの保守派の皆さんはこの美味しい部分を知らないのです。

当然です。
本来ならこうした公務機関の法改正案や資料統計の発表などは、公共放送たるNHKが発表すべきところこれをせず国民はそんなことを知らないからです。
仕事しろよ(-_-;)

【NHK、受信料を59円引き下げる代わりに、
 ネット同時配信化でスマホ所有者からも徴収開始へ】
http://hosyusokuhou.jp/archives/48826120.html
画像の説明

加えて、今回野党側はいつもどおりの「自民あっての反自民」をまたやっているかのように見えますが、そもそも特定世界市民勢力にしか支えられていない野党のみなさんが蓮舫さんを筆頭に移民に反対している段階でおかしいでしょ?

画像の説明

彼らが本当に反対しているのは、実はこの「第二」

つまり現在の入管が「入国在留管理」に格上げされてしまうと、日本を非武装中立の無国籍多民族エリアにしたいところ(さらにその後は特定国家の傘下に入りたいところ)、それができなくなるからですよ。

画像の説明
(ちっ!)

ちなみに私は信仰心がないので総理や菅さんの意図は不明ですが、本校ではすでにお伝えしたとおり、また昨日の集会でも申し上げたとおり、自民党内の部会発言議員の9割は反対でした。

昨日は反対集会で、そんなお話をしてきました。↓

(ちょっと音質が悪いのですが宜しければイヤホンなどで御覧ください。
 ちなみに動画内で言っている「どうすんだじいちゃん」と言っているのは、
 戦争で靖国に直行してしまった私の祖父のことです(^_^;))

【緊急!移民反対集会!すでに260万人の移民がいる、坂東忠信氏】
https://www.youtube.com/watch?v=JQ5t3Bz89gk

しかし自民党内の保守系議員や見識のある議員たちも、国民(含 企業トップ)が作り上げた職業差別意識による人手不足の現実を突きつけられては、太刀打ちできない。

私からすれば、ワンセットの法改正にせず「もう一回作り直せ」と申し上げたいですが、閣僚や官僚ではない議員ですから、上がってきた法の審議がお仕事であって、1から理想を盛り込むには限界があります。

党組織の議員というのは、私のような言いたいことを言ってられるヤツとはだいぶ違うのですよ(^_^;)

そこで反対派議員は、この法案に決議文を付けることで、慎重な運用になるよう歯止めをかけたのです。

【自民部会、入管法改正案を了承 
 外国人労働者受け入れ基準「厳格化求める決議案」まとめる】
https://www.sankei.com/politics/news/181029/plt1810290039-n1.html

この決議文はネット上に公開されていませんが、私が確認したところ、各方面において外国人枠を増やす場合は党と必ず相談し党の論議を踏まえることや、現場の意見を尊重すること、十分な討議を重ねることなど細かいハードルがいくつもついています。

この法改正の全体像や決議文を知らず反自民を叫ぶだけでは、分裂して特定勢力の思うツボ、国が滅ぶよ(T_T)

で、私が見たところ、この改正法案、安倍政権のうちは大丈夫かも。

でも政権が交代したら完全にアウト。

これは自民党安倍政権のいつものやり方で、これが動画内で申し上げている「門戸全開で敷居の高さ2m」ってやつなんです。

みなさんも外国人の看護婦さんに診てもらったことないでしょ?(^_^;)
画像の説明

というのも、すでに野党の顔色見て門戸開いたフリしてバカ高い敷居で実質無力化している法改正が他にもいくつかあるんです。
うまいと言えばうまいが、危ないです。

そもそもなぜこの改正案に「第一」と「第二」を一緒に盛り込んでしてしまったのか?

おそらく今回も野党に美味しいところを見せて歯止めをかけつつ、東京五輪を前に「入国在留管理庁」創設を急いでいるからでしょう。

入管はすでに覚悟を決め、今年の2月には難民審査システムを大幅に改善。

だから偽装難民やら不法滞在者ら収容された外国人が暴動を起こしているのです。

【【茨城】入管施設で外国人30人が抗議のハンスト 
 東日本入国管理センター
 「食べないから要求がかなうわけではないので食事をとって」 】
http://www.moeruasia.net/archives/49618381.html

さらに入管は今回の法改正を呑んだ上で、入国を受け付けない措置も考えています。

【【法務省】在留資格の更新指針改定、社会保険料滞納で在留資格取り消しに】
http://www.moeruasia.net/archives/49617370.html

【新在留資格 一部の国を制限の理由 送還拒否が深刻な影響】
https://mainichi.jp/articles/20181010/k00/00m/010/162000c

しかしながら、今回の入管法改正は野党勢力側の情報戦勝ち。
硬軟ワンセットで案を出した段階で自民の負け。

つまり
● 法が改正されても保守派の自民離れを誘発し、
● 改正を阻止できれば激増する外国人を管理できるはずの「入国在留管理庁発足」が遅れ、在留管理・取締りのない、特定世界市民に優しい無国籍列島になる
というわけです。

だから入管格上げについて、野党は触れずに騒いでる。
マスコミも国民に報じない。
そして保守派が不安になって全体を見ることができない。

今回の野党のやり方は、単に反自民としての反対ではないので、ナメてると危ないよ。

'国民の信頼も得られず、すでに失うものがない活動家上がりとか移民議員が多いんだから。

画像の説明

だからこそ、私は教養なき学歴偏重の問題を提起しているのです。

これに関しては12月末に拙著が出ますが、国民の学歴偏重意識が変われば、来年からでも若い労働力が増えるんです。

それに、
● 外国人に対する奨学金支給制度、
● 外国人に対する生活保護支給、
● 実質バリバリに政治活動を展開しているNPO団体への補助打ち切り、
などなど、その他経済学者の先生方が知恵を合わせれば、財源も労働力もまだまだ出ると思いますよ。

「外国人出て行け!」だけでは解決不能な国民各自の問題だからこそ、各自の意識改革が大切。

国民各自の意識改革にはカネがかかりません。

しかし日本の改革には「議員がー!」「自民がー!」「安倍がー!」と騒いで誰かの責任にするだけではなく、自分も参加し生活や運命を変えるくらいの覚悟がいるのです。

コメント

  • おっとっと・・・

    重要なキーワードなのでツッコミを。

    門戸前回→門戸全開ですね( ̄▽ ̄)

    新著の出版、延びましたか。更に濃~~~くなっていることに期待しております。


  • しかし・・・

    今晩は。
    いつも拝読しています。
    更に厳しい法律、になるならそんないいことはありません。ネットでは
    この改正で、中国、韓国からどんどん人が入ってくるし、ロヒンギャなどの難民も
    入れる気だ、と言われていてとても心配です。
    それに
    これは法務大臣が一存で決められるという意味合いがあり、それは
    とても怖いと思うのです。今の政権で亡くなっても、厳正な管理ができるような
    法律にしておくべきではないのでしょうか?


  • Re: おっとっと・・・

    しきしまさん、ありがとうございます。
    門戸全開でした(^_^;)
    新作の出版時期が延びて12月になったため、その次の出版との間隔がわずか2ヶ月で、1月終わりか2月始めころに私の13冊目の本が出る予定となりました。

    かなりハードです。正月ないです(^_^;)
    そんなわけで、これから本二冊分の原稿を仕上げたら、
    年末年始とバレンタインを同時にお祝いします!
    ・・・が、私の場合バレンタインはあってもなくても同じですね(笑)


  • Re: しかし・・・

    ジゼルさん、ありがとうございます。
    今度新設されるのは特定技能1号と2号で、これには試験があり
    (但し技能実習3年を超えると1号になれるらしい)、
    難民や普通の外国人がポッと来てすぐに取得できるものではないようなのです。

    但し、この「特定技能1号・2号」とは別に、こうしたアルバイト程度の、
    いわゆる単純労働に分類される職種では、更に多数の外国人を雇用を目指して、
    国際混沌社会に突き進むでしょう。
    これはこの法改正とは関係のない話、というか、
    むしろ「第二」の入国在留管理庁で抑え込むべき話なので、
    こっちは進めてもらいたい(^_^;)

    まったく、こういう野党を取り込む合わせ技みたいなゴマカシなんかせずに、
    民主党みたいに議席数は民意であると割り切って、
    世界市民のためではなく国民のために頑張って欲しいものですよ(-_-;)



  • 政府の広報に付いて

    政府広報をNHKが広報しないのは昨日今日始まった事では御座いません。
    アメリカのトランプ式に総理のtwitter でのご報告は出来ないものだろうかと思います。
    是非ご一考をお願いします。


  • Re: 政府の広報に付いて

    odayakanaさん、ありがとうございます。
    私も国会議員には情報秘書を付け、
    常に議員の脇で突撃する記者の様子など
    すべてを録画し放映したら面白いのではないか、
    国会に対する関心度も上がるのではないかと思うのですが、
    そこまでやろうとする議員はいませんね(-_-;)

    情報に特化した秘書がいれば、ネタを仕入れて、
    議員に伝え、発信することができるはずなのですが、
    議員の給料って地元事務所の維持費や秘書の分を考えると、
    そんなに高くないんだそうで、難しいようです。

    よほどメンタルが強くないと、
    トランプさんみたいにツイッターで細かく発信し続ける議員はいないでしょうね。
    だから有権者は、お気に入り議員の発信には、
    たくさん応援してやらないと。

    議員もみんな人間ですから、要求や希望を聞き
    これに答えようとして批判されると、心が折れます。
    活動を続けるのも大変ですからね。
    いっぱい応援してあげましょう(^o^)


  • なるほど、分かりやすいご説明です。ある意味、自民党の得意技玉虫色戦法ですかね(´-`).。oO個人的にはその運用が適切に行われるのか心配しています。それと安倍政権後がどうなるか、ですね。


  • 改憲してーーー

    こんにちは。こちらには初めてお邪魔いたしますm(__)m
    この法律案は私自身混乱していて良いのか悪いのか分からない感覚を抱いておりました。
    立民はじめ無責任野党は特定外国人に不利に働く内容があるから反対だと叫んでいるだけで、日本人の心配も親日国の外国人労働者の心配も露程もしていないと思ってましたが、他方、二言目には移民移民でこの法案の長所が隠れてしまうような言い方に食傷気味になっており違和感と疲労感を覚えていましたので、板東さんのお話で視界が明るくなりました。ありがとうございました。

    ネットやSNSを見ていると「安倍にはがっかり」という書き込みが散見されるのですが、そのコメントがどういう意図で書き込まれているのか見極めが非常に難しいと感じています。
    安倍政権は支持しているけどこの法案は反対、という人なのか、保守分断を図る反日がわざと書き込んでいるのか(正しく安倍と書きたくない病にかかっているコメントは十中八九アチラだと思いますが( ̄∇ ̄))。
    決まってその後には「もう支持やめようかな」「次は自民党に投票しない」みたいな「いかにも迷っているかのような」書き込みが続き、このパターンで分断を図ろうとしているのでは?と勘ぐってしまいます。
    ただ、その後には「民主党政権時代をもう忘れたのか」「野党に政権預けたら今より悪くなるだけ」という類いのコメントが必ず入ってくるので議論としては正常に機能してるかとは思うのですが…。
    SNSですとアカウント名が分かるので普段の発言との整合性から察しがつく分いいのですが、ニコ動のようにコメントだけが動画上に流れるような空間ですと本当に心配しているのか単なるアベガーなのか分からない意見がごちゃごちゃ入り交じっていて翻弄されてしまうのではないかと不安です。
    ちなみに私は安倍政権支持、この法案については慎重に議論していただきたいし、この法案を出す時間があったら改憲に使ってくれよ!!という気持ちです。
    地元の議員に意見を言うことなら私にもできますし、クレーマーみたいにただ叩くのでははなく正しく叱咤激励したいと思います。

    長文になり申し訳ありませんm(__)m
    寒さが厳しくなりますのでご自愛くださいませ。


  • 保守分断について

    素晴らしい講義ありがとうございます。
    さて今回の法改正について、ご指摘の美味しいところと食えないところについて、十分理解した上で、私は後者に大きな懸念を感じておりますし、SNSでもそのような方も多く見受けられます。

    しかしその懸念を発信すると安倍信者のような方からは、似非保守、保守工作員、野党と同じ、頭おかしいなどの辛辣な言葉を浴びせられます。先生のご発言も美味しいところばかり引用し、食えない部分は完全スルーです。保守どうし議論も出来ないのかと残念な気持ちになるとと共に、信者の怖さも感じました。そして安倍さんのやることはなんでも無条件で賛成の態度が、少なからず政権の驕りになっているのではないかと感じます。先生が仰るように数の力で押し切れるのですから、支持者がもっと一丸となって牽制すれば、今回のような合わせ技のゴマカシは防げたのではないでしょうか。私自身はこれで安倍政権支持をやめることはありませんが、信者の言説も少なからず保守分断を招いている一因と考えます。

    最後に12月のご著書楽しみにしております。お身体に気をつけて、頑張って下さい。


  • 有難うございます

    まさかお返事いただけるとは思いませんでした。
    お忙しいのに有難うございます。

    そうですね、ゴマカシが多いように思うのです。
    そこが今ひとつ信用できないところです。
    審議時間も短かったし、水道民営化や種子法廃止のことも
    心配ですし。

    治安悪化も心配です。
    観光客でさえ、問題が起きています。
    京都なのですが、外国人が増えすぎだと思います。
    レンタカーでの事故も、日本人の四倍起きているそうです。

    政府は受け入れるだけでなく、対策をとってほしいです。


  • 学歴について

    今の日本では「頭の良さ第一主義」が蔓延してますのでそのせいで「学歴主義」蔓延してます


  • 財界に日和って情報の出し惜しみ?

    入管庁の実態がつかめずピンときてなかったのですがお陰様でかなり理解が進んだと思います。ありがとうございます。
    ただ、そういう「ハードルは高い(低くない)」と言う言い方では正直わかりづらく、外国人労働者受け入れ目安とかの数字が独り歩きしているのは、財界の「安い労働力欲求」に忖度して、実は厳しい(実質移民)外国人労働者受け入れ政策をカムフラージュしてる?隠してる?あるいは情報の出し惜しみ?…な感じがします。
    朝日新聞英語版での「検索回避メタタグ」みたいなことをリアル国会でやってるような風に見えてしまうのですが…?www
    野党は実質部分を目ざとく気づいているようですし保守派の論客の多くは「(財界に忖度して曖昧にしてごまかしてんじゃねーよ!)まるでザル法まがいの荒っぽい法案」を叩いていますが、せめて身内の保守派にだけは納得できる方針を示すべきではないでしょうか。


  • 外国人専門の派遣会社が増えているそうですが・・・

    頼もしい坂東さん、いつも陰ながら応援しています。
    ところで、政府の移民政策以外で、外国人専門の派遣会社が抜け穴になってはいないでしょうか?
    日本国内の職場には既に外国人、特に中国人が多いように聞くので心配しています。


  • 危険思想

    始めまして初コメです。

    今回の入管法改正でTwitterの中で
    この法改正で在日中韓の不法移民を一掃できる移民排斥法が入っているって喧伝しているんですよ

    今はもうブロックされてみる事は出来ませんが(相手のハンドル名も忘れてしまいました)周りの保守っている若者が未だ信者の様にリプしているのはしっかり見ました。
    在日が嫌、徴用工が嫌って言う心理が作用して不法滞在していると見られる在日3世以上中国人
    韓国人を強制国外追放出来ると完全に思っているのが危険だと思いました。

    法律がそう書いていても実際は国外追放ホイホイ出来ませんよね。
    それをやると日本に移民は来なくなるでしょう。

    そこを人権屋弁護士が付いてくるからです。

    法律が有るから完全に排斥できるって思う方が私は危険思想だと思います。
    坂東氏の今回の講座見ても最初に移民排斥出てきませんよね。
    だからこれは違う意味でのネオ極右だと思うんです。

    坂東氏はどう思いますか?


  • Re: 危険思想

    まこやんちゃんさん、ありがとうございます。
    >この法改正で在日中韓の不法移民を一掃できる移民排斥法が入っているって喧伝しているんですよ
    この法改正の中には入っていませんが、入管は拡充したあとの組織の裁量の範囲で、以下の方針を検討しています。

    【送還を拒否する国を除外 新在留資格で法相】
    >山下貴司法相は10日の閣議後の記者会見で、来年4月に創設する新たな在留資格について、日本から強制退去となった外国人の送還を拒む国からは労働者を受け入れない方針を明らかにした。
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36302390Q8A011C1EAF000?s=0

    どんな国が該当しているのでしょうか。
    wiki【当別永住者】によると
    >1955年、当時の小泉純也法務政務次官は国会において、在日朝鮮人らは、母国に帰りたいという者が一人もいないと言える状態で、一方半島からは手段・方法を選ばず、命がけでどんどん密航をしてきており、日本が彼らを強制送還をしようとしても、韓国政府はこれを受け入れない為、日本に入れっぱなし状態であり、朝鮮戦争で密航してきた者等を収容していた大村収容所も人員が一杯で、入国管理局だけでは手に負えない状況であることを答弁している
    https://ja.wikipedia.org/wiki/特別永住者

    となっているわけで、その対象となりえますが、あくまで特定技能資格に関して入国を拒否できるという資格限定された話であって、国内の排韓には繋がりません。

    また、入管はこんな素晴らしい方針も検討しています。
    【【法務省】在留資格の更新指針改定、社会保険料滞納で在留資格取り消しに】
    http://www.moeruasia.net/archives/49617370.html

    これで一番困るのが日本の世界市民エリア化を目指す野党と、低賃金労働者がほしいグローバル企業、その企業が投資しているのがマスコミなのです。

    だまされないようご注意ください(^o^)





認証コード0309

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional